第9回かながわお口の健康フォーラム 「お口の健康は(歯)=身体(全身)の健康」

第9回かながわお口の健康フォーラム

第9回メインテーマ 「お口の健康は(歯)=身体(全身)の健康」
    サブテーマ 「美しく生きることは、美しく食べること」

 食べることは、人が生物として生きていくための栄養の摂取という事だけではありません。それだけならば、植物や動物と変わりがありません。「人の生くるはパンのみに由るにあらず」というストイックな言葉がありますが、近年は飽食の時代になり、メタボリックシンドロームやその裏返しの過度なダイエットによる摂食障害等が社会問題になっております。
 食べることとは何でしょうか。最近「和食」がユネスコ無形文化遺産に登録されましたが食べることは文化であり、人が生きるためには、食の楽しみが必要です。「心に通じる道は胃袋を経由する」という言葉があるように精神衛生上も食は大きな意味を持っています。食べることを成就するためには何といっても、お口の健康を保たなければなりません。

概 要

平成27年10 月12日(月・祝) 13時~16時40分
横須賀芸術劇場 〒238-0041 神奈川県横須賀市本町3-27 地図
1500名
無料 
・挨拶  13:00~13:20
・一部講演 13:20~14:20
 平田 幸夫氏(神奈川歯科大学学長)
  「介護状態にならないためには、やっぱり○○が必要
 木本 克彦氏(神奈川歯科大学大学院教授)
  「補綴ってなに?
・二部講演 14:35~15:20
 宝田 恭子氏(宝田歯科医院院長)
  「美しくたべることは美しく生きること
・三部講演 15:20~16:10
 養老 孟司氏(東京大学名誉教授)
  「私の老い方
・「口の健康に関するディスカッション」 16:15~16:35
・挨拶  16:45~17:00

講師紹介

平田幸夫氏の講演会

一部講演 平田幸夫氏
「介護状態にならないためには、
 やっぱり○○が必要」

<プロフィール>
横浜市神奈川区出身。神奈川歯科大学卒業後、同大学口腔衛生学助教授、歯科社会歯科学教授を経て、2014年より同大学学長、同大学短期大学部学長に。社会歯科学教授就任後は、これまでの研究経験を生かし、喫煙と歯科医療費の関係や歯科と認知症の関係などの政策的研究に従事。

木本克彦氏の講演

一部講演 木本克彦氏
「補綴ってなに?」

<プロフィール>
1963年神奈川県生まれ。歯学博士。専門は歯科補綴学。神奈川歯科大学歯学部卒業後、同大学歯科補綴学教室に入局。2013年より同大学大学院歯学研究科咀嚼機能制御補綴学講座教授、2015年より同大学附属病院副病院長。日本補綴歯科学会指導医・専門医、日本口腔インプラント学会指導医・専門医、日本顎関節学会専門医・指導医。

宝田恭子氏の講演会

二部講演 宝田恭子氏
「美しくたべることは美しく生きること」

<プロフィール>
1956年東京都生まれ。東京歯科大学卒業、同保存科勤務後、宝田歯科三代目を継承。日本アンチエイジング歯科学会副会長。認定バクテリアセラピスト、メディカルアロマセラピ一研究会、日本睡眠改善学会、認定睡眠改善インストラクター等。現在も毎日診療を欠かすことなく、著書、講演会活動・テレビ番組に出演など多方面で活躍。

養老孟司氏の講演会

三部講演 養老孟司氏
「私の老い方」

<プロフィール>
1937年鎌倉市生まれ。 1962年東京大学医学部卒業後、解剖学教室に入る。 1981年東京大学医学部教授就任。 1989年『からだの見方』(筑摩書房)でサントリー学芸賞を受賞 1995年に東京大学を退官し、同大学名誉教授に。 1996年から 2003年まで北里大学教授。 2006年京都国際マンガミュージアム館長に就任。著書に『唯脳論』『バ力の壁』『まともな人』『こまった人』『ぼちぼち結論』『養老孟司の大言論』など多数。

お問い合わせ

横須賀市歯科医師会 事務局
横須賀市日の出町2-9
TEL:046-823-0062
FAX:046-823-0084
forum@yokosukashi-yda.or.jp

↑ PAGE TOP